• ホーム
  • 病院紹介
  • 診療時間案内
  • アクセスマップ
  • 診療科案内
2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • 各種予防接種が受けられます。
  • 在宅医療について
  • 健康よもやま相談室
  • 自由診療について
  • 混雑時の対応について
  • 認知症について
  • 痔でお悩みの方へ
  • 乳がんってどんな病気?
  • スタッフブログ
  • facebookページ
  • 院内の自動血液検査器機を紹介いたします 2013年12月30日 blog

    ケアラボ

    みのかも西クリニックでは,糖尿病や高コレステロール血症の治療,そして乳癌の抗がん剤治療も行っています.特に抗がん剤治療においては,副作用の程度を即座に評価することが必須であり,数日前の血液検査内容では治療が遅れることもあり得ます.そのため,みのかも西クリニックには,肝機能,腎機能,血液中のカルシウム値など様々な項目を約15分程度で検査行い,そのまま電子カルテに結果を反映する自動血液検査機器を備えてあります.最新のデータによる診療を提供するため,我々,みのかも西クリニック,スタッフはこれからも頑張りたいと思います.(上の写真をクリックお願いします) 外科 藤井


    痔や肛門周囲膿瘍の発生時には,大腸癌の検査も大切です 2013年12月28日 blog

    「がん」は,恐ろしい病気ですが,日本人の3人に1人,その「がん」によって死亡すると言われています.みのかも西クリニックでは,などの肛門部疾患の治療に積極的に取り組んでいますが,大腸癌も無視できないと考えています. 横行結腸癌 注腸 Apple core

    今回,2005年にスウェーデン,ストックホルムのカロリンスカ医科大学から出された医学論文を参考にと大腸癌の関係をまとめてみました.スウェーデンの124994人のまたは肛門周囲の炎症性疾患(肛門周囲膿瘍やろうを含みます)で入院した人を対象として追跡調査を行ったもので,その内訳は,の患者が79808人(約64%),肛門周囲の炎症性疾患の患者が45186人(約36%)で,男性57%,女性43%,共に平均年齢は48歳です.の群では,入院後1年以内に大腸癌になる割合が,癌の発症予想値の約14.9倍,肛門周囲の炎症性疾患は24.0倍との結果でした(検査によって大腸癌と診断されたということで,その1年間に発症したとは言い切れません).この大腸癌は扁平上皮癌というやや特殊な型ですが,この医学論文はなどの良性疾患が癌と関係することを証明しています.すなわち癌ということでは全くありませんが,注意を要することはこの発表から伺えます.みのかも西クリニックでは,血液検査による大腸癌のスクリーニングや,安全な大腸バリウム検査によって癌の早期発見にも努めています.是非ご相談下さい.(写真は大腸癌のバリウム検査のレントゲン写真です)  外科 藤井

     


    マンモグラフィ撮影は全く怖くありません 2013年12月24日 blog

    MMG撮影室マンモグラフィ撮影は,痛い,怖いなどの印象が強いと思います.しかし乳癌検診においてはマンモグラフィ撮影は必須であり2004年には厚生労働省より40歳以上は視触診との併用検診を行うとする通達が出ています.また2001年に公表された,厚生労働省がん検診の適正化に関する調査研究「新たながん検診手法の有効性評価」(主任研究者:久道 茂)報告書では,視触診単独による乳癌検診には死亡率軽減効果がないとする相応の根拠があるとされています.難しいコメントばかりですが,乳癌の早期発見にはマンモグラフィがやはり大切であるようです.今回は,みのかも西クリニック内のマンモグラフィ撮影室の様子を動画でUP致しました.着替えのブースと,撮影室は分かれていて,ゆっくり安心して検査を受けていただけると思います.写真部分をクリックお願いします. 外科 藤井


    便秘は痔の大敵です 2013年12月23日 blog

    の原因の一つとして便秘があります.の原因は直腸粘膜周囲のうっ血であり,排便時にいきむことでそれが強くなり発生します.女性の妊娠時の骨盤内うっ血も同様です.また冬は外出する機会も減り運動不足となり,また水分摂取も少なくなるため便秘がちになります.やはり,十分な水分と食物繊維を摂り,毎日しっかりした量の排便があることが理想で,排便時に便そのものが直腸粘膜を内腔なら圧することもの予防には重要です.

    2足歩行のヒトにはつきもののです.しっかり予防,そしてなんらかの肛門部の症状を感じたらご受診下さい.みのかも西クリニックでは,日帰り手術でを治療致します. 外科 藤井

     


    日帰りの痔の治療にはアルタ療法が適切です 2013年12月20日 blog

    ジオン なかなか人に言えない病気として痔は代表的なものと思われます.また痛い,怖い,などの心配や恥ずかしいという気持ちもあり,治療を受ける方は少ないのが現状です.みのかも西クリニックは,切らずに治す治療としてジオン注を用いています.この処置は部分麻酔(局所麻酔)なので日帰りとなります.ジオン注による処置はALTA療法(アルタ療法)と言われ,その使用には内痔核治療法研究会の認可が必要ですが,最近そのインターネットサイトにも当院が登録されました.痔に関する説明もたくさん書き込まれているので,ご参考になると思います.以下をご覧下さい.http://e-zi.net/