• ホーム
  • 病院紹介
  • 診療時間案内
  • アクセスマップ
  • 診療科案内
2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • 各種予防接種が受けられます。
  • 在宅医療について
  • 健康よもやま相談室
  • 自由診療について
  • 混雑時の対応について
  • 認知症について
  • 痔でお悩みの方へ
  • 乳がんってどんな病気?
  • スタッフブログ
  • facebookページ
  • 外痔核(いぼ痔)に用いる江戸時代から受け継がれる手術方法 2015年3月31日 blog

    日本の外科学のさきがけとして,1804年11月14日に華岡青洲が行った全身麻酔下での乳癌手術が有名です.この時代からの手術も行われていて,それは飛び出たをその根元で縛って壊死させる方法でした.現在でもそれとほぼ同じ手法で,外核は治癒させることが可能です.分離結紮術と言われ,痛みも少なく,傷あとも小さくすみます.
    華岡
    みのかも西クリニックでも,持続的麻酔薬の採用によって,この術式を導入することが出来るようになりました.患者さんに優しいの日帰り手術を,今後もすすめていきたいと思います.外科 藤井


    抗癌剤副作用の指先のしびれ,痛みの予防器具 blog

    みのかも西クリニックの乳腺外科では,乳癌の早期診断につとめ,マンモグラフィ検査やエコー検査を積極的に行っています.一方では,乳癌に対する抗癌剤投与も日常業務として施行されています.この抗癌剤の副作用には,投与後数日から1週間程度で起こる急性のものから,治療が終了しても数か月続くものなどさまざまです.

    frozen glove

    この手袋は,抗癌剤の副作用としての末梢神経の痛みを予防するものです.常に冷凍庫に入れて凍らせておき,抗癌剤の点滴中に両手にはめることで,指先の末梢血管に抗癌剤が流入するのを出来るだけ少なくして,後日発生してくる神経障害を減らすことを目的としています.この手袋は,医学論文でその効果が証明されており,みのかも西クリニックでも,患者さんの不快を少しでも減らすために使用しています.


    カテゴリ

    花篭さんへ行ってきました。 2015年3月30日 blog

    IMG_1588IMG_1579

    IMG_1582

    先日ですが、いつもお世話になっています事業所様よりお話をいただきまして、八百津町久田見にあります『花籠』さんという高齢者の方が共同生活を行うお宅へ訪問させていただきました。当クリニックから1時間弱でお伺いさせていただける、自然豊かな場所で、到着してすぐに家主様に温かく迎えていただき、お宅を案内していただきました。

    現在お宅には2人の入居者様がみえ、お昼の時間でしたのでお休みされていましたが午前中には畑で作業をされていたそうです。

    共同生活なのでルールもあり、自分でできることは自分達でやるということで要介護3の認定を受けている方でも、その方にあった役割分担があり「毎日の生活がリハビリ」と家主様はおっしゃっていました。医療面においても近くの医院さんに往診をしてもらったり、在宅酸素機器を使用したりと不自由なく生活できるとお話していただきました。

    ここでは60歳以上の(女性)方が共同生活を通して、自分一人の生活とは違った中で穏やかにしっかりと過ごすことの出来る環境を大切にされていました。案内の終わるころには入居者様が洗濯物を取り込まれており笑顔で挨拶をしていただけました。

    今回訪問させていただき、自分もゆったりとした時間を過ごさせていただきました。みのかも西クリニックも環境は違いますが、患者様が安心して、落ち着ける場所になるように心がけていきます。

    最後になりますが、親切にご案内していただきました波多腰様ありがとうございました。

    事務 原

    花籠さんHP http://www.mf.ccnw.ne.jp/hanakago/index.html

    IMG_1578 IMG_1581 IMG_1589


    東海ドクターズ blog

    3月29日(日)は名古屋市の瑞穂公園ラグビー場にて、東海ドクターズと関西ドクターズのラグビー定期戦がありました。昭和42年から続いている定期戦でして、わたしは平成5年から参加いたしております。そして主将を平成10年からやっておりまして、主将として18回目の定期戦でした。

    imagimage (2)

    西クリニックを開院して以来、怪我をしてはならぬとラグビーはほとんどやめていたのですが、歴史ある定期戦ですし、主将ですから、”しぶしぶ” 走るか、そんな感じだったのです。

    ところが、グランドに出て若手が大勢集まってきて、そして見覚えたっぷりの関西ドクターズの先生たちを見て、もうスイッチが入ってしまいました。若手戦の半分、オーバー40戦のすべて、走らせて、パスをほらせて、そしてタックルさせてもらいました。

    僕は本当にラグビーがすきなんだなあ、そう思った1日でした。50歳にしては良くやったんじゃあないかなあ、若手戦でもしっかりやれたのがうれしかったです。

    それに副主将を指名できました。早川先生という31歳の若手です。やっと世代交代できそうです。もう1,2シーズン主将と東海ドクターズの試合でみんなを引っ張っていこうと思っております。

    もちろん、怪我をして患者さんに迷惑がかからないように慎重に、でも怪我をしないように思い切ったプレーをしていきます。ちょっとした私のわがままをお許しください~

     

    東海ドクターズラグビーフットボールクラブ主将

    兼院長

    益田雄一郎


    クリニックを清掃業者の方にお掃除していただきました。 2015年3月29日 blog

    H27.3.29(日)クリニックも2013.11.11に開院してから早いもので1年半弱を無事迎えることが出来ております。その期間クリニックウのスタッフにより毎日清掃をしていただいておりかなりきれいな状態を保っていますが、今回は清掃とともにワックス掛けをすることで開院当時の床の輝きを取り戻すために行っていただきました。私の知人の清掃業者(おそうじ346さん)にお願いしスタッフ3名で行っていただきました。朝8時から、きていただき夕方まで丁寧な作業により冒頭で述べました輝きを取り戻すことが出来ました。本当にありがとうございました。次回も是非お願いしたいと思います。

    事務長 池田

    IMG_1142 IMG_1143