• ホーム
  • 病院紹介
  • 診療時間案内
  • アクセスマップ
  • 診療科案内
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • 各種予防接種が受けられます。
  • 在宅医療について
  • 健康よもやま相談室
  • 自由診療について
  • 混雑時の対応について
  • 認知症について
  • 痔でお悩みの方へ
  • 乳がんってどんな病気?
  • スタッフブログ
  • facebookページ
  • 内科8/26土曜日午後休診のお知らせ 2017年8月9日 blog

    内科について8/26土曜日午後の外来を休診とさせていただきますので何とぞご了承下さい。

    事務長 池田


    お気づきになりましたでしょうか? 2017年7月28日 blog

    皆さんいかがお過ごしでしょうか?本当に暑い日が毎日続くようになってきました。

    体調管理、皆さんお気をつけ下さい。

     

    話は変わりますが、ホームページのトップページスライドショーの一部を変更しました。

    お気づきになっていますでしょうか?

    何を変更したかと申しますと施設内の風景にキャラクターの挿絵を追加いたしました。

    いかがでしょうか?

    事務長 池田


    カテゴリ

    8/11(金)~8/15(火)休診のお知らせ 2017年7月3日 blog

    本日も非常に暑い日となっています。皆さん体調はいかがでしょうか?これがこれから等分続くと思うと先が思いやられます。

    さて、ちょっと先になりますが、8/11(金)から8/15(火)までクリニックを誠に勝手ながら休診とさせていただきます。この間に薬がちょうど切れてしまわぬように少し早めに受診の予定などお立ていただけますようお願いいたします。誠に勝手で申し訳ございませんがご了承の程宜しくお願いします。

    事務長 池田


    オレンジリングをいただきました。(認知症サポーター講習受講) 2017年6月24日 blog

    昨日、美濃加茂市長寿福祉課西長寿支援センターの職員の方にお忙しい中みのかも西クリニックにお越しいただき、認知症サポーター講習を行っていただきました。

    講習の内容は、これからさらに進む高齢化社会の現状の話から始まり、認知症とはどういった病気かという話、そのあと認知症の症状については寸劇によるいくつかのシーンにたいして感じたことを数人にわかれてグループワークをする時間があり、それぞれのグループによって発表をし、それをふまえ認知症の症状だけでなくその対応方法についても話がありとても理解しやすい内容となっていました。

    今回の講習では、われわれは医療従事者であり高齢な患者さんとも接する機会もおおく認知症の診断もクリニックで行っておりある程度のことは知っているつもりですが、実際の患者さんの対応がしっかり出来ているかの確認が出来たとともに、クリニック内だけにとどまらずスタッフ一人ひとりの家庭、近所の方に対しても同じような対応が今後できるようになったとのではと思います。

    なお、この講習会は全国的に行っていいるものなので、是非皆さんも講習をうけてサポーターになってみてはいかがでしょうか!オレンジリングをみんなでつけましょう!講習会の開催については各市町村の福祉課などに問い合わせをしていただければかと思います。

    最後に、今回講習を行っていただきました美濃加茂市長寿福祉課西長寿支援センターの職員の方へ感謝申し上げます。ありがとうございました。

    事務長 池田


    カテゴリ

    教えて!ドクターQ&A(H29.5.22中日新聞朝刊) 2017年6月3日 blog

    今回の教えて!ドクターQ&Aは在宅医療における床ずれについて院長がお答えしていますのでご参考にしてみてください。

    事務長 池田

    Q 義父が寝たきりになり、今後、在宅医療を受けることになりました。床ずれ予防について教えて下さい。

     

    A 寝たきり高齢者に発生することのある床ずれですが、正式には「褥瘡」と言います。「褥瘡」は皮膚の一部への持続的な圧迫によって、組織の血流が減少・消失し、虚血状態、低酸素状態になって、組織の壊死が起こった状態です。寝たきりや麻酔などで体位を変えられない人にできます。腰の仙骨部や足の踵の部分など、骨が突出している部分や圧迫を受けている部分に現れます。褥瘡の原因は、体重などによる皮膚への圧力、皮膚への横ずれの力、糖尿病や脳梗塞などの基礎疾患、感染、皮膚の湿潤、低栄養、病的骨突出、ADLの低下などがあり、それぞれが複雑に関係しあっています。単なる圧力のみでおきるのではありません。「褥瘡」の予防法としては、①体位を定期的に交換したりエアマットを使用して、皮膚の一部への圧迫を防ぐこと、②皮膚を清潔に保つこと、③基礎疾患を適切にコントロールすること、④栄養状態を保つこと、などが重要です。