• ホーム
  • 病院紹介
  • 診療時間案内
  • アクセスマップ
  • 診療科案内
  • 各種予防接種が受けられます。
  • 健康よもやま相談室
  • 健康よもやま相談室
  • 自費診療について
  • 混雑時の対応について
  • 認知症について
  • 痔でお悩みの方へ
  • 乳がんってどんな病気?
  • スタッフブログ
  • facebookページできました!

在宅医療について

みのかも西クリニックがお手伝いできること

"今まですごしてきた自分の家ですごしたい"、"できれば元気なうちは、思い出深いわが家で、自分らしく過ごしたい" 在宅医療は、そのような患者さんの想い、ご家族の想いを可能にしていくお手伝いをします。 しかし、自宅での療養生活は、いったいどのような準備が必要で、急に調子が悪くなったときにはどうすればよいのか、大なり小なり不安が出てくるかと思います。 そのような患者様、そしてご家族を、医療の面から完全にサポートします。 在宅医療とは、医師のほか、訪問看護師、薬剤師や理学療法士(リハビリ)等の医療関係者が、患者様のお宅に定期的に訪問し、計画的かつ継続的な医学管理をおこなう経過診療のことです。 クリニックのスタッフ以外のサポートスタッフとして、ケアマネジャーやホームヘルパー、また市町村の行政等と連携しながら療養生活全般をサポートしたいと考えています。

多くの在宅患者の診療を経験してきた医師がサポートします。

みのかも西クリニックでは、在宅で診ることが困難と思われがちな重度、複数の疾患をお持ちの方でも、安心してお過ごしいただけるよう、内科、外科の両部門からの支援を行っています。また、患者さんやご家族の安心のために、地域の中核病院との密接な連携関係をとり、必要な検査や入院といった病院での医療を受けていただけるネットワークを構築しています。

24時間365日サポートします。

原則として月2回以上、予め計画した日時に医師がご自宅をお訪ねし、診療・検査・お薬の処方などを行います。また、緊急の場合には夜間・休日を問わず、24時間365日医師が対応します。 このように在宅医療とは、発熱などの急性疾患などにより、単発的に訪問し診療を行う「往診」とは異なります。

病院と連携してサポートします。

在宅医療で日常診療を行いながら病院にもかかられることはもちろん可能です。その際には病院とクリニックとで経過や治療方針について密に情報共有をし、その内容は患者様・そのご家族へしっかりとご説明します。 また、万が一入院が必要となった場合、また入院を希望される場合には、患者様のご希望を伺って、病院への入院をサポートします。原則的には以前受診されていた病院に依頼しますが、クリニックでは地域の中核病院と連携体制にありますので、ご希望をお聞かせください。(但し、病態や病院の状況によりご希望の病院に入院できないこともありますのでその点は予めご了承ください。)

ページトップへ

みのかも西クリニックの連携病院

太田病院、木沢記念病院、可児とうのう病院、中濃厚生病院、県立多治見病院等

ページトップへ

訪問エリアと診療内容

お住まいの地域 美濃加茂市の全域
坂祝町、富加町、八百津町、御嵩町、川辺町、七宗町、可児市、関市一部地域
※その他の地域の場合には、ご相談ください。
対象となる方 ご自宅での療養を希望される方
入院や通院が困難な方
呼吸や栄養、排泄等、日常生活に医療サポートを必要とされる方
※他病院にかかられている方でも、日常診療として在宅医療をお受けいただけます。
主な症状 脳血管障害後遺症、多発性脳梗塞・脳血管性認知症
アルツハイマー病およびその他の認知症
老人性運動器疾患(骨粗鬆症、圧迫骨折、変形性関節症、 大腿頸部骨折)および
関節リウマチ 神経難病、悪性腫瘍末期 、慢性呼吸不全 、慢性心不全 、慢性腎不全など
合併症を伴った糖尿病 、じょく創、老衰など
※主なものを表示しています。こちら以外の方もどうぞご相談ください。
ページトップへ

みのかも西クリニックの在宅医療をご提供する方

日常診療に加え、以下の処置等が可能です。

安定した呼吸のために ・在宅酸素療養・在宅人工呼吸器
栄養摂取のために ・胃ろう管理・経鼻経管栄養 ・腸ろう管理・在宅中心静脈栄養
排泄のために ・膀胱留置カテーテル ・ストマケア
苦痛の緩和のために ・麻薬処方・腹水排液 ・携帯型精密輸液ポンプ管理
身体機能向上のために ・リハビリテーション指導
床ずれ治療のために ・じょく創処置
ページトップへ

在宅医療でかかる費用

当院の在宅医療は、保険診療です。高齢の方であれば、かかる費用の1割(3割の場合もございます)をご負担いただきます。 以下に、基本的なご負担額をお示しします。

定期的な訪問診療にかかる費用
対 象 負担割合 月額標準負担額 負担上限額
高齢者
(70歳以上)
1 割 約7,000円 12,000円
3 割 約20,000円 44,000円
一 般
(70歳未満)
3 割 約20,000円 高額医療費による返還

例)月2回訪問した場合 (高齢者 1割負担)
訪問ごとの費用 833円×2回=1,660円
医学管理費用 3,800円×1カ月=3,800円
介護サービス助言費用  292円×2回=584円
1か月合計: 6,050円

※検査や処置を行った場合は、所定の費用が上記に加算されます。
※患者さんの重症度や症状により、行った医療サービスに加算される場合があります。
(厚生労働省により定められた疾患を管理する場合+100円など)
※各種書類の作成については、別途費用がかかる場合があります。
※院外処方となりますので、薬剤費は別途必要です。
●訪問交通費(ガソリン代等)を若干頂戴しております。
●高齢の方の場合、医療費負担の上限が決まっています。
手厚い診療(訪問頻度や検査・処置により)をお受けいただいても、 一ヶ月あたりの医療費負担は概ね12,000円程度(+介護保険分580円程度)です。
これ以上かかった場合には手続きにより返還してもらうことができます。

ページトップへ

在宅医療受診の流れ(患者さん、ご家族へ)

「相談したい」から、初回訪問に至るまで

ご自宅療養中の方、また現在ご入院中で退院後「在宅医療」をご検討の方は、どうぞご相談ください。

ご自宅療養中の場合

●ケアマネジャーにご相談ください。 ※1

●高齢者地域包括医療センターにご相談ください。 ※2

●当院宛に直接ご連絡ください。

(0574-28-5310)

ご入院中の場合

●病院内の相談窓口(医療・看護相談室、在宅療養支援室など)にご相談ください。

●ケアマネジャーにご相談ください。 ※1

●高齢者地域包括医療センターにご相談ください。 ※2

●みのかも西クリニック在宅診療部にご相談ください。

その後、経験豊富な看護師が、患者さん・ご家族のご相談に対応いたします。お気軽にご連絡くださいませ。 患者さん、ご家族の皆さんで、在宅医療受診についてご検討ください。 ご不安や疑問がありましたら何度でもご相談ください。

※1ケアマネジャーって?

介護保険において要支援・要介護と認定された人に対して、アセスメントに基づいたケアプランを作成し、ケアマネジメントを行う方です。介護全般に関する相談・関係機関との連絡調整・介護保険の給付管理等を行っています。

※2高齢者地域包括医療センター?

市区町村が設置する高齢者の総合相談窓口です。高齢者の皆さんが、いつまでも住みなれた地域で安心して生活を続けられるように医療・介護・福祉など、様々な面から支援を行います。

ご自宅療養中の場合

みのかも西クリニック在宅医療担当者にご連絡下さい。

患者さん、ご家族の皆さんのご相談を承ります。お気軽にご相談下さい。

在宅医療受診の希望をお伝えください。

ご連絡を受け次第、当院にてお引き受け準備を始めます。

  • 診療情報入手
  • 在宅医療チーム編成
  • 初診訪問日程調整など

訪問診療

医師及び看護師が、ご自宅にお伺いします。診察のほか、患者さんとご家族のお話をお伺いします。

初回訪問から、定期訪問に至るまで

初診訪問にて、医学的な判断に加え、患者さん・ご家族の希望をお伺いした上で、今後の診療方針を確定します。原則として2週間に1回以上、予め計画した日時に医師が訪問し、診察・検査・お薬の処方などを行います。

●定期訪問の日にちについては、毎月中~下旬ごろに、翌月訪問分をお知らせいたします。

●予め計画した日にち以外にも、必要に応じて訪問します。

●緊急時には、予めお知らせしている緊急連絡先へご連絡ください。 当院の在宅医療受診中の患者様に対しては、24時間365日医師が対応します。

在宅医療の中止をご希望の場合 患者様の心身の状態や、ご家族も含めたご希望により、在宅医療の中断を検討される場合がございます。その際には、どうぞ遠慮なくご相談ください。患者様、そのご家族の立場、および医学的判断も含めて対応させていただきます。 万が一中止となる場合には、療養環境の円滑な移行のために、当院受診中の診療の情報は丁寧に提供を行います。

ページトップへ

患者さん、ご家族へ よくある質問

在宅医療にあたって、自宅で何か準備するものはありますか

特別な準備は必要ありません。診療に必要なものは、当院からお持ちします。 受診に際しての事務手続きとして、保険証のコピー等お願いいたします。

診療に際して、費用はいくらぐらいかかりますか

「みのかも西クリニックの在宅医療とは」のページに記載しておりますので、ご参照ください。

これまでかかっていた病院にも診てもらうことはできますか

はい、病院受診をしながら、日常診療は当院にて診させていただくことは可能です。患者さんのご希望を伺いながら、受診の方針を決めていきましょう。

入院が必要になったときは、もとの病院に入院できますか

患者さんのご希望に対応できるよう努めますが、病状等により患者さんに最も適した入院先をご提案することもあります。ご相談の上、決めていきましょう。

薬は処方してもらえますか

もちろんです。患者さんの希望により、訪問薬剤師さん(※院外)がご自宅にお薬をお届けし、服薬の管理・指導を行うことも可能です。

初めての依頼ですが、緊急往診してくれますか

訪問診療とは、計画的、定期的な医学管理と経過診療のことを指します。初診救急対応は致しかねますので、何とぞご了承ください。

訪問診療のエリアはどの地域ですか

●診療エリア

美濃加茂市の全域

坂祝町、富加町、八百津町、御嵩町、川辺町、七宗町、可児市、関市一部地域
※それ以外の地域の場合にはご相談ください。

訪問診療のエリア外ですが、来てもらえますか

緊急対応時、医師がどのくらいの時間で到着するかは、患者さんにとって重要な事項であると考えています。したがって、あまり遠方の場合には、患者さんへの医療サービスクオリティの観点からお受けしかねる場合もございます。予めご了承ください。

ページトップへ

みのかも西クリニックの在宅医療とは(医療、介護に携わる方へ)

みのかも西クリニックでは、定期的・継続的に医学管理・経過診療を行う「訪問診療」もおこなうクリニックです。24時間365日いつでも連絡が取れ必要であればすぐに対応できるように、ま、多様な患者様の状態に対して確かな医療を提供できるように、以下の取り組みを行っています。

内科医、外科医による診療体制をとっています。
患者さんの安心のために、地域の医療機関・訪問看護ステーション・ケアマネジャーの方々との連携を大切にしています。

内科、外科の両科見地から行う訪問診療で特化しています。

みのかも西クリニックが両科で行う訪問診療は、24時間365日、迅速な対応が必要な患者さんの要望にお応えするためです。日中はもちろんのこと、休日・夜間早朝等も、常に医師が緊急対応か能な体制をとっています。

検査や入院が必要になった時には、速やかに地域の連携病院の協力を得、速やかに対応します。

連携病院

太田病院、木沢記念病院、可児とうのう病院、中濃厚生病院、県立多治見病院ほか

内科医、外科医による診療体制

多様な患者さんの状態に対して適切な医療を提供できるよう、内科医、外科医による診療の体制をとっています。
一人の患者さんの複数の医師が関与するため、電子カルテの活用、毎日のカンファレンスと申し送り、同行看護師による緻密な伝達などの情報共有の仕組み、また専門医同士がお互いに医療的コンサルテーションを行い、技術や知識を共有することで、提供する医療の質の向上に努めています。

診療科目

内科、循環器内科、消化器内科、老年内科、外科、内分泌外科、乳腺外科、肛門外科

診療体制

在宅医療連携部体制

地域の医療機関・訪問看護師・ケアマネジャーの方々との連携を大切にしています。 みのかも西クリニックは「在宅医療連携部」を設置。地域の医療・介護に携わる方々との連携を大切にしています。退院時の在宅移行調整を始め、在宅医療中の方針検討や情報共有、各種勉強会の開催などを行っています。患者さん・ご家族からのご相談対応やグリーフケアなどにも力を入れています。

在宅医療連携部

● 原 雄二(はら ゆうじ) :事務
開院時より事務員として勤務、在宅部門専門に従事。

● 高崎 起代子(たかさき きよこ):准看護師
介護施設での経験豊富な看護師、内外の看護業務に従事

在宅医療連携部の取り組み事例

クリニックスタッフ、薬局スタッフ、介護職従事者での合同勉強会

地域の在宅医療の質向上を目的として、地域のケアマネジャー、訪問看護師、また病院のソーシャルワーカーの方々とともに学ぶ勉強会を実施しています。 毎回多くの方にご参加いただいています。

介護施設職員とのカンファレンス
クリニックと薬局との合同ミーティング
みのかも西クリニックスタッフブログ

みのかも西クリニックからのご案内や在宅医療に関するトピックスなどを不定期でブログ掲載しています。患者様、施設・事業所の方々に愛読いただいています。 ※みのかも西クリニックブログへのリンク

グリーフケア

多くの看取りを支える活動として、ご家族のケアに取り組んでいます。(この分野は、在宅医療の現場でまだ未成熟であると感じており、医療のみならず、社会学的な学びも含めて、研究中の事項です)

在宅医療実習、訪問看護stカンファ等、様々な取組を行っております。
ページトップへ

当院に訪問診療をいただく場合の流れ

在宅医療連携部スタッフが、適切で速やかな訪問診療の導入を進めます。

地域の医療、介護に携わる方に向けて、みのかも西クリニックの在宅医療導入の手順をご説明いたします。

訪問診療依頼の場合

●新規依頼のお受入れ用の「新規依頼シート」を用意しています。シートにご記入いただきFAXかメールにてお送りいただくか、必要な事項をお電話にてヒアリングさせていただきます。

お問い合わせ、ご相談の場合

●在宅医療連携部にご連絡ください。 経験豊富な看護師が、お問い合わせ・ご相談に対応いたします。

(0574-28-5310)FAX 0574-28-5320

在宅医療連携室 祐ホームクリニック内の、連携担当部署です。退院時の在宅移行調整をはじめ、在 宅医療中の方針検討や情報共有を行っています。

  • 1.受け入れ確定
  • 2.初回訪問日調整・確定
  • 3.初回訪問診療1
  • 4.受け入れ確定
  • 5.今後の診療方針の決定
  • 7.定期訪問

初回訪問から、定期訪問に至るまで 初診訪問にて、医学的な判断に加え、患者さん・ご家族の希望をお伺いした上で、今後の診療方針を確定します。原則として1~2週間に1回以上、予め計画した日時に医師が訪問し、診察・検査・処置・処方などを行います。

定期訪問の日にちについては、毎月中~下旬ごろに、翌月訪問分をお知らせいたします。
予め計画した日にち以外にも、必要に応じて訪問します。
緊急時には、予めお知らせしている緊急連絡先へご連絡ください。 当院の在宅医療受診中の患者さんに対しては、24時間365日医師が対応します。

在宅医療の中止をご希望の場合

患者さんの心身の状態や、ご家族も含めたご希望により、在宅医療を中止し他の療養手段を検討される場合がございます。その際には、どうぞ遠慮なくご相談ください。患者さん、ご家族の立場、および医学的判断も含めて、対応いたします。 万が一中止となる場合には、療養環境の円滑な移行のために、当院受診中の診療等の情報提供は丁寧に行います。

ページトップへ

医療、介護に携わる方へ <よくある質問>FAQ

どのような医療行為ができますか。

ターミナル(緩和ケア)の対応は可能ですか。のページに記載しておりますので、ご参照ください。

はい、もちろん可能です。 最期を自宅で過ごしたい方々のご支援は、当院の大きな目標の一つです。緊急の場合には24時間365日で、医師が対応いたします。

認知症を診られますか。

はい、対応しています。 当院では、経験豊富な医師による診療をおこなっています。どうぞご相談ください。

24時間対応は可能ですか。

はい、対応しています。 緊急時には、24時間365日医師が対応いたします。ご安心ください。

単発の往診は可能ですか。

訪問診療とは、計画的、定期的な医学管理と経過診療のことを指します。単発の往診には対応いたしかねますので、何とぞご了承ください。

まだ依頼することが確定していませんが、事前に家族との相談の場を設けることはできますか。

もちろん、ご対応いたします。 事前にご連絡の上、どうぞ来院ください。また、お電話での相談も承ります。お気軽にご相談ください。

新規患者依頼の空きはありますか。

当院では、ご依頼いただく患者さんをお受入れできるよう、前もって体制を整えています。つまり「空きがない(のでお受けできない)」という状況はありません。どうぞご相談ください。

費用はいくらくらいかかりますか。

「みのかも西クリニックの在宅医療とは」のページに記載しておりますので、ご参照ください

ページトップへ