雄一郎院長の日記

GWも終わり

すっかり初夏の風が美濃加茂の地に吹いています。半そでのオペ着の上から重ねる白衣が、”暑い”と感じることも少なくありません。この流れで、35度を優に超える暑い夏がまたやってくるのでしょうね。

うちのクリニックは設計士の先生から以下のように言われています。

「クリニックの2階は、夏はとても暑いですよ」

その夏をはじめて迎えようとしているわけです。ちょっと怖いような、でも早く来てほしいような、なんとも複雑な気持ちです。基本的に夏が嫌いではないからでしょ。毎年暑い暑いといいながら、外で運動することもいとわないのですから。

患者さんにおかれましては、この季節は十分に注意が必要です。

まずは熱中症、これは梅雨の時期でも起こります。湿度が問題になるのです。

そして、冷たいものや甘いものを食べる機会が増えて、もともと持っている生活習慣病、たとえば糖尿病や高血圧を悪化させることもあります。十分に注意が必要です。

何か気になることがありましたら、気軽にお声をおかけください。

ところで詳細には触れませんが、今日私は今までの医師生活の中でも1,2を争うような、自分にとってショッキングな事実に遭遇いたしました。しばらく声も出ないほどです。反省するしかないのですが、自分で何を思って、何を考えたのか?もうあのようなことがない様に、肝に銘じて反芻してから、しっかりと前にすすみたいと考えています。

 

院長 益田