雄一郎院長の日記

2015年8月9日

私は10年位前から、毎年夏になるといろいろなところに講義に出かけます。高齢者の医療をやっていたご縁で、国際医療福祉大学の林和美先生の知り合いになる機会を得てからは、秋田、那覇などにも講義で出かけるようになりました。

内容はといえば、ケアマネジャーの資格試験の準備講座、近年合格率が20%をきる狭き門となっている資格試験の受験講座です。担当しているのは保健医療サービスなのですが、非常に範囲が広くて、内容の理解はもちろん、学習方法も工夫が必要な難関試験の医学・介護の分野です。

最初の講義は16年も前に行ったので、ずいぶんベテラン講師なりました。まだ呼んでもらえるということで、少しはお役に立てているのでしょう。

実は昨日8月9日(日)は東京の有明で、240名ほどの受講生に講義をしてきました。今回は出題の大元になる基本のテキスト(いわゆる教科書)が大幅に改訂され、私自身も講義の準備に難儀しました。これまでの講義の中でも一番を準備をして、精一杯講義をやってきましたが、帰りの新幹線ではへとへとになっていました。

でも、とてもいいことがあったのです。

私は1982年に高校を卒業したのですが、その時代はアイドルが沢山いた時代でした。たとえば小泉今日子とか、堀ちえみとか、中森明菜とか。

そんなアイドル全盛時代にミスヤングジャンプとし大活躍して(私はヤングジャンプ愛読者でした)、今では女優の傍ら介護福祉士として、介護の現場でも活躍されている、””北原佐和子””さんが、なんと!!!!、私の講義の受講生として参加されていたのです。事前に主催者から聞いていたので平常心で講義ができましたが、いつも同様に、いや、いつも以上に気合が入った講義ができました。

実は昼休みに一緒にランチをする機会を主催者の皆様が与えてくださって、北原さんもご一緒していただきました。沢山お話もできました。介護の現場でお仕事をされていることもあってか、北原さんのお話はとても共感できましたし、私もいつもどおり自分の考えていることを素直に話すことができました。

女優さんと普通に話をするなんて、後で新幹線の中で感動していました。

「まじめにやっていると、こんないいご褒美があるんだなあ」

そう思った1日でした。

北原さんはもちろん、すべての受講生の合格を美濃加茂から祈っております。

 

院長tn