新着情報

認知症多職種協働スキルアップ研修修了

先日、認知症に対する知識と対応をクリニックスタッフに深めてもらうために認知症多職種協働スキルアップ研修に今回は看護師1名、受付スタッフ1名に参加してもらいました。今後も認知症の患者様が増えることが予想されるので2人の感想から参加していただいてよかったと思いました。下記に2人の感想と修了書を載せましたのでご覧下さい。

事務長 池田

 

 

 

認知症の方をサポートしていく上で、本人の意思に反する「手遅れ型支援」ではなく、本人の希望にに沿った「備え方支援」が大切であることを学び、そのために初期の段階から、家族、医療者、介護者や行政など、多職種が協力して支援をできる体制作りが必要だと今回の研修で感じることが出来ました。

看護師 井戸

 

 

 

 

 

 

 

 

認知症は初期段階での対策がとても大切だと学びました。早目に周りが気づき、介護、医療などのサービスを受けることが出来れば、ご本人、ご家族の負担も減るのではないかと思いました。

受付 大塚