新着情報

慰安旅行&認知症とリビングウィル

今年の11月11日でみのかも西クリニックを開院させていただいてからまる4年が経つということで今回、初めて職員全員で慰安旅行に行きました。なかなか院長も藤井先生も時間がとれないこともあり、11/2(木)午前診療を終えその日の午後から翌日朝にかけて岐阜市内の旅館への一泊旅行でした。僅かな時間ではありましたが職員全員がリフレッシュすることが出来ました。しかし藤井先生はその足で“年1回行われる”With You NAGOYA”という乳がんの啓蒙イベントに参加。そして、院長は旅館をでてその日の午後から日本尊厳死協会東海支部様主催のリビングウィル研究会東海地方会の講演を聞きに行ったとのことで、旅行は2人にとっては束の間の休息であったようです。

さてここで院長が行かれたその講演の内容を少しご紹介させていただきます。この会では今回「認知症患者の尊厳と医療の役割」という演題での講演があったようです。最近ではテレビでもリビングウィル・認知症に関する番組がとても多く見られるようになり身近な問題として取り上げられるようになりました。写真に写っている会場の様子を見ても関心の高い演題であったのではないかと感じました。

なお、日本尊厳死協会の講座は定期的に行われておりますので関心のある方は、みのかも西クリニックでもご案内いたしますのでご連絡ください。またご家族様のことでお困りのことがある方も益田院長が丁寧にご相談を承ります。

最後に、11月11日で5年目を迎えます。そこで11月16日からは木曜日の午後の診療時間を追加し職員一同、さらに今後も皆様のお役にて立てるよう努めてまいりますので何とぞ宜しくお願いいたします。

事務 原