講演会

スコーレ家庭教育振興協会そして、日本尊厳死協会

2/17(日)スコーレ家庭教育振興協会・日本尊厳死協会と二つのイベントに参加させていただきましたのでご報告させていただきます。

スコーレは外科の藤井医師よりお誘いをいただき岐阜市のコミュニティーセンターで行われました。今回はグループディスカッションで4グループに分かれて「夫婦円満を持続させるには」というテーマでKJ法という討論方法を使い話し合いました。

KJ法とはまず個人で意見をカードにできるだけ多く書き、それを一枚の大きな紙に貼り、そこから同じような意見ごとにまとめて、全体の意見を集約していくという方法で、いざやってみると自分の考えと同じことや気が付かなかったことも多くありとても勉強になりました。最後にグループごと発表する場面ではそれぞれ特徴のある結果になっていてそれもまた今後の生活に活かせたらと思いました。

午後からは益田院長が東海支部の理事を務めています日本尊厳死協会のリビングウィル懇話会に参加させていただきました。今回講演をしていただいたのが現在往診でもお世話になっています平川医師によるアドバンスケアプランニングの講演でした。

アドバンスケアプランニングとは人生の終末期を自分らしく迎えるために事前に患者、家族、医師がよく話し合いお互いの意思が尊重できるようにしていくためのものであり今後自分もよく勉強していかなければならないことだと思いました。

 

日を通して非常に内容の濃い一日になりました。いろいろな分野の方と会うことで自分の考えを見つめ直してまた気持ちを新たに頑張っていこうと思います。

在宅部門担当 原

今回の内容について新聞記事で取り上げられました。